毎日にちょっぴりの幸せを。

人を見下し、傲慢の塊だった現役大学生が、人の優しさを知り、前を向いて生きていく日々を綴るブログ

番外 ~記事を一週間書いて~

f:id:life0is0free:20160829171332j:plain

詳しい自己紹介をしていなかったので、軽くさせてもらいます。

 

私は、現在大学三回生で将来をどのような道を歩もうかを、超絶迷いに迷っています。

 

アルバイトやサークルを転々とし、色々な人と出会っていく中で常に考えさせられることができました。

 

「何をすれば自分の人生を全うできたと言えるのだろうか?」

 

「一生を通して何がしたいのだろうか」

 

「何をすれば満足できるのか」

 

こんなことを丸二年半悩みに悩みに悩んで悩み続けて、常に心のどこかに破片が引っ掛かったような心地がしていました。

 

一時期は、「人はなぜ生まれてきたのか」を真剣に考えて答えを出そうともしていました‥。(答えなんてわかるか笑)

 

もちろん答えなど出ませんでした(笑)

 

誰にも打ち明けることなく、自分がしたいことを見つけようと必死でした。

 

そんなある日、youtubeで動画を見ていると、あなたへのおすすめの中に名言が集められた動画があったので何気なく見てみました。

 

すると、その動画の中で出てきたとある詩が自分の考えを180度変えさせてくれました。

 

 

 

何でも思い切ってやってみることですよ。どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから。
 
坂本龍馬

 

 

 

何をしたいかを見つけるための具体性を教えてくれたのではなく、どういう心持ちで生きていけばいいのかをこの詩は教えてくれました。

 

人はいずれ死ぬ。

 

これは誰もが知っていることであり、向き合いたくない事実です。でも、逆に何をしないといけないかを考えなければならないという縛りから解放してくれました。

 

どうせ死ぬんだったらやることやったれ!

 

そんな吹っ切れた考え方になり、毎日をしっかりと生きよう、一秒一秒を噛み締めて生きよう。

 

そう思えるようになりました。

 

私は、その詩を見て生きることに対する考え方を変えることができ、毎日をワクワクする時間にしようそう心がけるようになりました。

 

 

私の推測ですが、多くの人は一秒一秒を噛み締めて生きている人は、非常に少ないと思います。

 

私も、頭では理解しても心と体で実感しているかと言えばそうではありません。

 

何も考えていないことではありませんが、それに近い状態で生きていることが多いかと思います。

 

それと同様の人がたくさんいるのではないかと、最近になって思いこのブログを書こうと思いました。

 

同じ悩みを持っている人に何かヒントを与えることはできないか、生きる上で大切な言葉を伝えることができるのではないか。

 

そういう思いでこのブログを書いていこうと思いますので、改めて末永くよろしくです^^

 

明日も幸あれ!!