読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日にちょっぴりの幸せを。

人を見下し、傲慢の塊だった現役大学生が、人の優しさを知り、前を向いて生きていく日々を綴るブログ

バカにする人はそこまで。バカにされても頑張れば先がある。

人生

f:id:life0is0free:20160909195229j:plain毎日、生きていく中で絶対に避けられないものってなんだと思いますか?

 

それは人です。

 

生きていくうえで人間関係を避けて生きることはできません。彼らと関わりあう中で、喜びあったり、喧嘩したり、笑いあって、時間を共にするのは当たり前ですよね。

 

でも、中には気が合わない人もいます。

 

頭ごなしに見下されたり、軽蔑されたり‥。こういう被害を受けてムカムカした人もいることでしょう。世の中にはたくさんの人々がいますし、それぞれの満足の得方も異なってくるものです。

 

だからと言って、いちいち彼らに腹を立てていてはあなたの貴重な時間が無駄になるだけです。

 

なので、今回は私が考えた詩をお伝えします。

 

 
 
バカにする人は、人を見下すことがすべて。
バカにされても挫けない人は、彼らには見えないものを手にする。

 

 

 

 

人を馬鹿にする人は、自分を高めるよりも人の落ち度に注目するものです。なので、成長という言葉から縁遠い人たちとも言えます。

 

一方、バカにされても諦めない人たちは、バカにする人たちには決して知りえない、経験することができないことに挑戦します

 

人生において価値があるのはステータスではなく、何を得て何を経験したかです

 

ステータスは所詮飾り物でしかありません。

 

バカにされたときは、先ほどの詩を思い出してもらって先を見据えて精進していただけると、嬉しいことこの上ありません。

 

ファイト!