読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日にちょっぴりの幸せを。

人を見下し、傲慢の塊だった現役大学生が、人の優しさを知り、前を向いて生きていく日々を綴るブログ

誰もが初めて記事を書いて30分で仕上げられるわけじゃない。

f:id:life0is0free:20161115180026j:plain

どうも。

 

大学の購買で久しく食べていなかったカップヌードルを買って、出来上がりを待っているマロです。

 

さて、今回は記事を書きたての人が陥りやすい内容について書いてみたいと思います。

 

 

目次

 

 

 

自転車を買ってもらってすぐに街中を駆け抜けた少年などいない。

 

 

幼少期の頃を思い出して欲しいのですが、親御さんと一緒に近くの公園で買ってもらったピカピカの自転車、もしくは古びた自転車(どっちでもいい)で乗り方の練習に行った記憶はありませんか?

 

f:id:life0is0free:20161115173034j:plain

 

おそらく、ほとんどの人があると思います。

 

 

何度も何度も転んでは、自転車を立て直して、また転んで、またこけて…。

 

 

僕が練習してた時は、親父が怒鳴りながら指導していたので顔をしわくちゃにして漕いでましたね…笑

 

 

その時に、自転車を買ってもらっていきなり街中に駆け抜けていった思い出は絶対ないはず。

(例外があれば教えて下さい笑)

 

 

普通はそんな風に子供に行動させようとはしないですけどね‥

 

 

いきなりのぶっつけ本番は失敗(=事故)を起こしてしまう可能性が非常に高いから、買った直後に街中で自転車に乗せることはしません。

 

 

だから、一旦公園という誰もが使える場所でかつ実践に近い場所で、練習を何度も重ねる。

 

 

その練習を通してコツを掴んで、どうすれば乗りやすくなるのかを知る。

 

 

その結果、今となってはスイスイと風を切るかのように街中を駆け抜けられるようになるんです。

 

 

 

すぐに結果を出そうとするのは、逆効果かも

 

人は欲深い生き物です。

 

 

現状の状態に満足ができず、さらに上に上に目指すため最終的に結果のみを求めることも少なくありません。

 

 

とは言っても、僕も結果をすぐに欲しがるんですけどね。

 

 

あんなことやこんなことを経験して(怪しい)、学習をすることで効率的にするのは当然です。

 

 

だって、

 

 

 

めんどくさいから。

楽だもん。

 (言っちゃった)

 

 

 

そんな声が心の底から聞こえてきては、追い出そうと必死です。

 

 

 

でも、ここで一言言っておきたいのは

 

 

 

新しいことに挑戦する時、すぐに結果を欲しがる人は、練習もしていないのにいきなり街中に自転車で車と並走できる速さで駆け抜けるのと同じくらい危険なことでしょう。

 

 

 

今回は自転車で例えていますが、これを今回のタイトルでなぞらえてみると

 

 

ろくに文章を書いたことがないのに、いきなり30分で書こうとする時間が無駄になることでしょう

 

 

 

とはいえ、誰もが納得のいく記事を1時間や30分程度で仕上げるには、それ相当の熟練した文章校正の力と慣れが必ず必要不可欠です。

 

 

無駄になることが先ほど挙げた自転車で言う所の、危険だということでしょう。

 

 

但し、何もかもが無駄というわけではないが、練習を積まずして先に結果を出そうとするのは逆効果ということです。

 


誰が聞いても知ってる話です。

 

 

 

初めはうさぎさんでなく、亀さんでいい

 

 とある、プロブロガーの方が仰っていました。

 

 

 

記事は資産になる、と。

 

 

 

確かにその通りです。

 

 

自分のブログを支えてくれる要素になるわけですから、記事の作成は非常に大切です。

 

 

ただ今回は、記事を書き始めたばかりの人に当てた心構えの内容がメインです。

 

 

そんな人たちが、

 

 

「よっしゃ一記事30分で終わらせたるで!!」

と、言っていたら残念で仕方ありません。

 

 

もし、その人に文章を書く天賦の才があれば話は別です。

 

 

でも、文章を書き始めてままならない人がそんな心境で書いても、人が納得してくれる記事を掛ける確率は圧倒的に低いでしょう。

 

 

理由は明白。

 

 

目的が、時間と効率性になっているからです。

 

 

短い時間で効率的に早く記事を書き上げるのは誰もが憧れていることだし、そうすれば記事の量産に繋がって多くの人の目に付く確率も高くなる。

 

 

確かに短時間で終わらせることができれば、それ以上にいいことはないでしょう。

 

 

でも、あなたは記事を書くことに関しては生まれたての赤ちゃんと同じです。

 

 

なので、もし早くかつ効率的に書けなかったとしても自分を責める必要はありません。

 

 

1記事を効率的にかつ早く仕上げられる人の大半は、長年培ってきた経験をもとに活動されている方々でしょう。

 

 

それだけ積み重ねてきたものが存在するというわけです。

 

 

言い換えるなら、

 

 

 

明日からブログで100万円稼ぎたいと思うのは、プロ野球選手になりたい野球少年が明日から大○翔平と同じ力を持ちたいと思うのと同じことでしょう。

 

 

そんな人たちにいきなりなれるはずがないと断定は出来ないですが、ほとんどないので願うだけ無駄なこと。

 

 

自分もまだまだその域には到達するどころか、そんな人いるのか?と疑っているレベルです。

 

 

だからこそ、初めは時間を掛けてもいいからじっくりと記事を書き上げるように心がけています。

 

 

そうした方が、心地よく読み終えてもらえる確率は高いと思いますからね。

 

 

 

一緒に頑張って、読んでもらえて良かったと思ってもらえる記事を書いていきましょ^^

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

ちゃんちゃん。

 

 

 

 文章を学んでみたい人にオススメの一冊

 

 「いい文章とは、完読される文章のことだ」。手始めに”いい文章”とはどのようなものなのか。この疑問を解決する所からこの本は始まります。それをベースに、文章を構成するコツやまとめかたを具体的な作業方法を通じて、教えてくれるこの本を自分は何度もひっきりなしに読まさせて頂いております。実際のナタリーの若手編集者の育成にも課しているトレーニングの内容を含んでおりますので、本気で文章を鍛えてみたいと言う人にはぜひ読んでもらいたい内容になっております^^